深夜酒類提供飲食店, 特定遊興飲食店, 風俗営業(接待等飲食店営業), 風俗営業(遊技場営業)

風俗営業の概要

風俗営業とは

 風俗営業は適正に営まれれば国民に憩いを与える営業と位置づけられています。
風俗営業を開始するにあたっては事前に都道府県公安委員会の許可が必要です。
世間で言う「フーゾク」という言葉は、客に性的なサービスを提供する営業について使われていますが、法律上の風俗営業では<わいせつ>なサービスは想定していないので、世間のイメージと実際の法律上の風俗営業とはかなりかけはなれています。
接待飲食等営業では、<客に対する接待の有無>と<店内の構造設備の状況>に応じて3種類に分類させれ、遊技場営業は遊技方法または遊技設備に応じて2種類に分類されます。
なお、警察庁解釈運用基準の「第一」では次のように述べられています。


1 趣旨
法第1条は、善良の風俗と清浄な風俗環境の保持及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為の防止が法の目的であることを明らかにするとともに、風俗営業は業務の適正化を通じてその健全化を図るべき営業であることを明確にし、風俗営業が適正に営まれている場合でも取締りの対象であるかのような誤解を与えることのないようにしたものである。


ダンス規制撤廃と特定遊興飲食店営業の登場

平成28年6月から施行された改正風営法により、それまでの風俗営業の1号・3号・4号の営業が無くなり、これにともなった他の風俗営業のの種別の号数が変更されました。
同時に、「特定遊興飲食店営業」が許可営業として新設されました。
「特定遊興飲食店営業」については後日情報を追加する予定ですが、現在はこのサイトで触れていません。
このときの改正の概要については警察庁サイトのこちらをご覧ください。

平成28年6月23日までの風俗営業の種別

[ 接待飲食等営業 ] → (その3 接待飲食店(キャバレー・スナック等)へ)
1号営業 ・・・ キャバレー
2号営業 ・・・ 料理店・社交飲食店
3号営業 ・・・ ダンス飲食店
4号営業 ・・・ ダンスホール等
5号営業 ・・・ 低照度飲食店
6号営業 ・・・ 区画席飲食店

[ 遊技場営業 ]  → (その4 遊技場(麻雀・ぱちんこ・ゲームセンター)へ)
7号営業 ・・・ パチンコ・マージャン等(昭和34年法改正で追加された)
8号営業 ・・・ ゲームセンター等(昭和59年法改正で追加された)

平成28年6月24日以降の風俗営業の種別

[ 接待飲食等営業 ] → (その3 接待飲食店(キャバレー・スナック等)へ)
1号営業 ・・・ 料理店・社交飲食店
2号営業 ・・・ 低照度飲食店
3号営業 ・・・ 区画席飲食店

[ 遊技場営業 ]  → (その4 遊技場(麻雀・ぱちんこ・ゲームセンター)へ)
4号営業 ・・・ パチンコ・マージャン等(昭和34年法改正で追加された)
5号営業 ・・・ ゲームセンター等(昭和59年法改正で追加された)

風俗営業か深夜営業かの悩み

社交飲食店(風俗営業)の許可をとるか、深夜酒類提供飲食店として営業するか、二者択一で悩むご相談がよくあります。重要なポイントは「接待をするか」「深夜(夜0時から朝6時まで)の営業をするか」の部分です。とても微妙な説明が必要となるため、本サイトで明確に示すことはしませんが、気になる方は「のぞみ合同事務所の風営法担当者」まで、お電話でお尋ねください。