飲食店営業

飲食店営業

Pocket

飲食店営業が風営法の規制を受ける場合

飲食店営業設備を設けて客に飲食を提供する営業であり、食品衛生法第52条第1項の許可(保健所の)が必要です。

次に該当する場合は、さらに営業規制と手続きの義務が追加されていますので、それについてはリンク先を参照してください。

飲食店営業は食品衛生法の規制を受けており、保健所の管轄です。

しかし、カフェレストランラーメン屋など、上記の項目に該当していない「一般的な飲食店」であっても、保健所だけでなく、公安委員会、つまり警察の監督下にあります。

法令に違反し、風俗環境を害するおそれのある飲食店に対しては、警察(都道府県公安委員会)が必要な指示や処分をできる規定が風営法に盛り込まれています。

全ての飲食店営業にとって警察と風営法は無関係ではないのです。

風営法は、夜10時以降に営業する飲食店に対しても規制をかけています。

大手居酒屋チェーンが客引き容疑で摘発された事例もありますので、飲食店営業者は以下のリンク先にある風営法の規制をよく理解しておいてください。

上記のいずれにも該当してない普通の飲食店の場合↓

飲食店営業