風俗営業(遊技場営業), 麻雀

風俗営業第4号 まあじゃん(麻雀)屋

Pocket

まあじゃん(麻雀)屋営業は風俗営業

風俗営業の4号営業は、客の射幸心をそそるおそれのある(要するにギャンブル性のある)営業で、主に「まあじゃん屋」と「ぱちんこ屋」のことですが、「射的」や「輪投げ」などを含む「その他遊技場」もあります。

しかし、ぱちんこ屋とそれ以外の営業とでは取り扱いはかなり異なり、ぱちんこ屋は賞品を客に提供できたり、遊技機の認定制度やぱちんこ屋特有の規制もあります。

なお、風営法の中では「まあじゃん屋」という言葉が使われていますが、風俗営業許可証に記載される営業の種類は「マージャン店」となります。

風営法第2条第一項
四  まあじやん屋、ぱちんこ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業

風俗営業の概要

まあじゃん屋(麻雀屋)営業は許可が必要

麻雀屋営業は風俗営業に属するので公安委員会から営業許可を受けなければなりません。

許可を受けるには許可申請から許可通知まで二か月程度かかります。

客に飲食を提供する場合は食品衛生法にもとづく「飲食店営業」の許可を受けておく必要があります。

 

風俗営業第4号の営業を行うためには都道府県公安委員会からあらかじめ許可を受けなければなりません。

 

許可を取らないとどうなる

許可を受けるためには、以下の要件を全て満たす必要がありますので、それぞれをご参照ください。

風俗営業の経営者等の人的基準

風俗営業の場所の要件

風俗営業の構造設備の基準

 

風俗営業許可を受ける手続きの流れについては以下をご参照ください。

風俗営業許可取得(社交飲食店の場合)までの流れ

遊技料金等の基準

麻雀屋(まあじゃん屋)営業の規制