風俗営業(遊技場営業), 風俗営業許可を取得する方法, 風営法の規制を受ける各種営業

風俗営業第2号 低照度飲食店

Pocket

<喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、国家公安委員会規則で定めるところにより計つた営業所内の照度を十ルクス以下として営むもの(1号に該当する営業として営むものを除く。))>

~ 照度が低い飲食店

例え接待や遊興が行われていなくても、客席の明るさが10ルクス以下の飲食店は風俗営業に該当します。暗い客席でみだらな行為が行われやすいと考えられているからです。

居酒屋やショットバー、喫茶店等でこれに該当しそうな店舗をたまにみかけます。

最近は店舗のありようが多様化し、演出として照度を低くする店舗が増えていますが、深夜12時以降営業できないという点や、照度自体が客観的に計測しににくい、または風営法自体を知らないといった理由で許可をとらない場合が多いのではないかと思います。

風俗営業の概要

風俗営業第2号の営業を行うためには都道府県公安委員会からあらかじめ許可を受けなければなりません。

許可を取らないとどうなる

許可を受けるためには、以下の要件を全て満たす必要がありますので、それぞれをご参照ください。

風俗営業の経営者等の人的基準

風俗営業の場所の要件

風俗営業の構造設備の基準

 

風俗営業許可を受ける手続きの流れについては以下をご参照ください。

風俗営業許可取得(社交飲食店の場合)までの流れ