営業規制, 法令違反処分, 監督行政機構

警察職員の立ち入り、報告徴収等

Pocket

警察官は風俗営業者に対し、風営法にもとづいて必要な限度において風俗営業所に立ち入り、報告又は資料の提出を求めることができます。(風営法37条)

このようにした趣旨は、公安委員会が風俗営業について適切な行政措置を講ずるために風俗営業の実態を十分に把握する必要があると考えられるからです。

警察官は「身分を示す証明書を携帯し、関係者に提示」して風俗営業の営業所に立ち入ることができます。

警察職員の立ち入りの拒否、公安委員会への報告の懈怠、又は虚偽の報告などを行った場合は風営法違反として行政処分と刑事処分の対象となりえます。

少年指導員も警察職員と同様に営業所に立ち入る権限を持っていますのでご注意ください。

 


関係条文抜粋

(報告及び立入り)
第三十七条 公安委員会は、この法律の施行に必要な限度において、風俗営業者、性風俗関連特殊営業を営む者、特定遊興飲食店営業者、第三十三条第六項に規定する酒類提供飲食店営業を営む者、深夜において飲食店営業(酒類提供飲食店営業を除く。)を営む者又は接客業務受託営業を営む者に対し、その業務に関し報告又は資料の提出を求めることができる。
2 警察職員は、この法律の施行に必要な限度において、次に掲げる場所に立ち入ることができる。ただし、第一号、第二号又は第四号から第七号までに掲げる営業所に設けられている個室その他これに類する施設で客が在室するものについては、この限りでない。
一 風俗営業の営業所
二 店舗型性風俗特殊営業の営業所
三 第二条第七項第一号の営業の事務所、受付所又は待機所
四 店舗型電話異性紹介営業の営業所
五 特定遊興飲食店営業の営業所
六 第三十三条第六項に規定する酒類提供飲食店営業の営業所
七 前各号に掲げるもののほか、設備を設けて客に飲食をさせる営業の営業所(深夜において営業しているものに限る。)
3 前項の規定により警察職員が立ち入るときは、その身分を示す証明書を携帯し、関係者に提示しなければならない。
4 第二項の規定による権限は、犯罪捜査のために認められたものと解してはならない。
第五十三条 次の各号のいずれかに該当する者は、百万円以下の罰金に処する。
六 第三十七条第一項の規定に違反して、報告をせず、若しくは資料を提出せず、又は同項の報告若しくは資料の提出について虚偽の報告をし、若しくは虚偽の資料を提出した者
七 第三十七条第二項又は第三十八条の二第一項の規定による立入りを拒み、妨げ、又は忌避した者