効果的なパワハラ対策の基本的な考え方とは

ハラスメント研修の前半では、行政機関が作るハラスメント研修用の資料を使っています。

この国では標準を作るのは役所ですから。

いや、世間がそう思って、とりあえず信じますから。

で。私が説明するのは、「これがとりあえず標準的なハラスメントの考え方です」ということ。

ハラスメントの被害者がスマホで検索すると、こういった資料が、さも当然のごとく目に入ってきますよ。

で。標準的な説明を終えると、こういう感想をぶつけられます。

「どこからハラスメントになるのかを明確にしてください。」

で。「そういうものじゃありませんよ」と私。

役所の資料は「ハラスメントを予防する」という前提だから、「これはハラスメント、これは違う」という内容です。

「それは無理ですよ」と私。

役所の発想では、「このバカチンが!」はパワハラだそうで。

私の発想では、「金八先生がそれを言ってもパワハラではない。」

ハラスメントかどうかは、その人の心理状況でどう感じられるかによる。

それは、セリフで使う単語によって区別できることではないのです。

ならばハラスメントをどう防ぐのか?

ムリでしょう、完全には。

不愉快にさせないよう努力していることが大事なんですが、伝えたいことを遠慮したらいけません。

そして、不愉快だと感じた人は、それを相手に伝えましょう。

「あのう。今の言葉傷つきました。」

「え。そうなの? どの部分だった?」

そういう会話をしましょうよ。

それではだめなんですか?

なぜですか?

それが人の精一杯ではないのですかね。

私のハラスメント対策は、ハラスメントの予防ではなく、「不愉快に感じたあと、どう許しあうか」です。

ハラスメントに対して絶望させないことが大事なのです。

人は完璧ではないのに、どうして完璧を求めるのか。

どうせムリなのにね。