開業後の手続き, 風俗営業(遊技場営業)

構造設備の変更の承認(遊技機の変更をのぞく)

変更承認申請が必要な構造設備の変更とは

風俗営業許可の審査においては、営業所が法令上の構造基準を満たしているかどうかについて公安委員会が検査します。
営業者が許可後に営業所の構造を変えて構造上の基準を満たさなくなっては営業許可の意味がなくなってしまいますから、重要な変更を行う場合には事前の公安委員会から承認を得なければならないことになっています。

風俗営業者が営業所の構造設備について次のような変更をしようとするときは、あらかじめ公安委員会から承認を受けなければなりません。

①  建築基準法 (昭和二十五年法律第二百一号)第二条第十四号 に規定する大規模の修繕又は同条第十五号 に規定する大規模の模様替に該当する変更
※ 構造上重要な壁、柱、床、はり、屋根又は階段のどれかについて過半に及ぶ修繕又は模様替のこと

②  客室の位置、数又は床面積の変更

③  壁、ふすま、その他営業所の内部を仕切るための設備の変更

④  営業の方法の変更に係る構造又は設備の変更
※まあじゃん屋をぱちんこ屋にする場合や和風料理店を洋風カフェーに変更する場合などです。
※許可証記載の営業の種類が変る場合もこれにあたります。

上記以外の構造設備の変更(以下「軽微な変更」といいます)については変更届出が必要です。

※但し、届出を要しないほどの軽微な変更がありえます。詳細は「変更の届出」をご覧ください。

 


変更承認申請手続きの流れ

構造変更申請→工事完了→検査→承認通知→承認通知書交付

申請時には11000円の手数料がかかります。
検査から承認までの期間はおおむね10日前後になる場合が多いです。

営業所周辺に保護対象施設が新設されていることが判明したような場合には、承認後に公安委員会から許可条件が付与されることがあります。

構造変更の承認通知があるまでは変更部分の使用ができなといった取り扱いがありえます。

 


構造設備変更承認申請の必要書類

①構造変更承認申請書
②変更前の構造を示す平面図等
③変更後の構造を示す平面図等
④営業所周辺の略図


無承認変更の違反処分リスク

承認を受けるべき構造設備の変更について無承認で変更を行った場合には、悪質な場合は逮捕、罰金、営業停止処分となります。

これは、法令でそう書いてあるというだけでなく、実際にそのような摘発が起きているということです。

許可を出す際にわざわざ行政庁がチェックしたものを、あとコッソリ変えてしまったという話ですから、基本的に悪質とみなされやすいのです。

行政処分の量定はA量定です。

店内の設備を変更しようとなさる場合は、事前に専門家か当局にご相談されるとよいでしょう。

イスやテーブルの配置換えは原則として承認を要しない変更ですが、これまで使用していなかった空間に客用のイスやテーブルを設置することは、店内の用途変更であり、客室を拡大したと解釈されると、それによって無承認変更だとみなされる恐れがあります。

構造設備の問題は文章では説明しにくい部分が多いです。

なお、変更は公安委員会に変更承認申請を行った後にしましょう。