未分類

風営法による18歳未満の客の入店規制

風俗営業においては、18歳未満の者に客の接待をさせることが禁止されています。18歳未満の人のことを「年少者」と言います。

風営法の条文を見ましょう。条文確認は重要です。

風営法第二十二条
風俗営業を営む者は、次に掲げる行為をしてはならない。
五 十八歳未満の者を営業所に客として立ち入らせること(第二条第一項第五号の営業に係る営業所にあつては、午後十時から翌日の午前六時までの時間において客として立ち入らせること。)。

「18歳未満」には、現在満18歳の人(すでに18歳の誕生日を迎えた人)は含まれません。

たとえ高校生であって、学生服を着ていたとしても、キャバクラの客になったところで風営法に違反しません。

パチンコ店において「高校生入店禁止」とありますが、風営法の規制はあくまで年齢によるので、高校生かどうかは別です。

しかし、制服を着た客が店内をうろうろしていたらまぎらわしいので、ハウスルールで入店を制限しています。

なお、20歳未満の者に酒又はたばこを提供することは、風営法で厳しく処罰されますから、年齢確認などにご注意ください。

また、「客として立ち入らせる」ことが違法となりますから、客ではない中学生が入店しても違反ではありません。ただし、当局から「客だ」と誤解されないようご注意ください。時間帯によっては18歳未満の人がパチンコ店で働くということはありえるわけです。

なお、ゲームセンター営業では18歳未満の客が入店できますが、客の年齢や保護者同伴の有無にもよって入店可能な時間帯が異なりますから、都道府県条例で確認してください。

18歳未満の客を入店させた場合に、違反の責任を問われるのは、その客ではなく風俗営業者及び店舗責任者です。

比較的に重い処分を受けやすい違反ですからご注意ください。