風俗営業(接待等飲食店営業), 風俗営業許可を取得する方法, 風営法の規制を受ける各種営業

風俗営業第3号 区画席飲食店

<喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが五平方メートル以下である客席を設けて営むもの>

~ 客室が区画された飲食店

例え接待や遊興が行われなくても、客席がせまく見通しが悪い飲食店は風俗営業に該当します。このような構造では、みだらな行為が行われやすいと考えられたからです。

全国で数件しか存在しません。最近の店内設備の多様化により、客席が5㎡以下のバーや居酒屋は増えていると思われますが、許可件数は減っています。営業時間等の制限があるので、深夜酒類提供飲食店とし深夜の営業する場合が多いものと推測します。もし2号及び3号営業を意味のある制度にするのであれば、営業時間の制限を緩和する必要があるでしょう。

風俗営業の概要

 

風俗営業第3号の営業を行うためには都道府県公安委員会からあらかじめ許可を受けなければなりません。

許可を取らないとどうなる

許可を受けるためには、以下の要件を全て満たす必要がありますので、それぞれをご参照ください。

風俗営業の経営者等の人的基準

風俗営業の場所の要件

風俗営業の構造設備の基準

 

風俗営業許可を受ける手続きの流れについては以下をご参照ください。

風俗営業許可取得(社交飲食店の場合)までの流れ