ゲームセンター等, パチンコ店, 営業規制, 風俗営業(接待等飲食店営業), 風俗営業(遊技場営業)

風俗営業の構造設備の基準

風俗営業の種類に応じて、客室内の見通し、照明の明るさ、床面積、などについて細かい基準があります。

これら基準を満たしていることが確認されないと風俗営業は許可されません。

つまり、これらの基準を満たしていることを明らかにする作業が許可申請手続なのです。

風俗営業の構造設備基準一覧

 法2条1項  営業の種類  面積等の要件  照度  その他の要件







 1号 ・料理店
・社交飲食店
(客に接待する飲食店))
・客室1室の面積が16.5㎡(和風の場合、9.5㎡)以上、但し客室数が1室のみの場合を除く。 5ルクス ・客室の内部が当該営業所の外部から容易に見通すことができないものであること。

・客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。(3号のぞく

・善良の風俗もしくは清浄な風俗環境を害する恐れのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと。

・客室の出入口に施錠の設備を設けないこと。ただし、営業所外に直接通ずる客室の出入口については、この限りではない。
但し1号と3号の場合を除く。

・騒音又は振動の数値が条例で定める数値に満たないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。

 2号 ・低照度飲食店
(明るさ10ルックス以下の店舗で客に飲食をさせる)
客室1室の面積が5平方メートル以上(客に遊興させる態様の営業は33平方メートル以上。)
 3号 ・区画席飲食店
(広さ5㎡以下でしかも見通しの悪い客席で客に飲食をさせる)
長椅子その他の設備で専ら異性を同伴する客の休憩の用に供するものを設置しないこと。  10ルクス




 4号 ・マージャン店屋
・パチンコ店
・その他遊技場
・パチンコ店の場合は、パチンコ営業の用に供する遊技機以外の遊技機を設けないこと。

・営業所内の客の見やすい場所に賞品提供設備を設けること。

 10ルクス ・客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。

・善良の風俗もしくは清浄な風俗環境を害する恐れのある写真、広告物、装飾その他の設備を設けないこと。

・客室の出入口に施錠の設備を設けないこと。ただし、営業所外に直接通ずる客室の出入口については、この限りではない。
但し1号と3号の場合を除く。

・騒音又は振動の数値が条例で定める数値に満たないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。

 5号  ・ゲームセンター等 ・遊技料金として 紙幣を挿入することができる装置を有する遊技設備又は客に現金もしくは有価証券を提供するための装置を有する遊技設備を設けないこ。

※1 照明設備は客室全体において上記表に記載された照度(ルクス)以下とならないように維持できる構造設備でなければなりませんが、スライダックスのように照度を5ルクス以下に調整できる設備がある場合は許可されません。