風俗営業(接待等飲食店営業), 風俗営業許可を取得する方法

ピンクサロンとは

A、風営法においてはピンクサロンの許可というものはありません。

いろいろな業態があるにせよ、一般的にこの営業は、食品衛生法の飲食店営業の許可を取得しているので、店内では形式的に飲み物を提供しますが、本来なら性風俗特殊営業に該当する営業で、特殊地域でしか営業できないものです。

法律上は非常にグレーで特殊な営業形態です。

社交飲食店の風俗営業許可を取得して営業していると思われる店舗がありますが、もともとは一般の社交飲食店として風俗営業許可を取っているものが多いです。

風俗営業の許可といっても、ピンクサロン的な性的サービスは違法性を含んだ営業ですので、風俗営業許可が取れたから大丈夫というものではありません。

店内照度を暗めに設定したり、客室内の見通しを妨げるための仕切り、つい立等を設置することにより、構造設備維持義務違反となっている場合は営業停止処分がありえます。

構造設備の設置や撤去などにより、構造設備の無承認変更で摘発される場合は刑事罰のほか最悪の場合は営業許可の取り消しもありえます。

店舗型性風俗営業の禁止地域内営業での摘発の場合は、逮捕のうえ罰金刑に処せられるケースが多いです。