Q&A, 風俗営業(接待等飲食店営業), 風俗営業許可を取得する方法

キャバクラ営業の風俗営業許可を取る際に店内の構造でもめることがあると聞きました

A、風俗営業許可の基準として、店内の構造設備の基準というものがあります。
キャバクラ(社交飲食店)の場合に気になるのは、第一に「見通しを悪くするもの」です。イスの背中合わせ部分の仕切りの高さが100センチ以上だと許可がでないおそれが高いです。 隣席の客同士の顔が見えるほどの見通しが確保できなければならないと考えられているようで、これは性風俗営業を行われないようにという配慮だと思われます。 ですので、仕切りの高さは95センチくらいにとどめ、客室内の見通しを悪くするような仕切りやカーテン、つい立て、飾り物などを置かないようにしてください。
次に問題となりやすいのが調光設備です。いわゆるスライダックスと呼ばれるものです。
風営法では社交飲食店の場合は客室内の明るさが5ルックス以上を確保していなければならないのですが、スライダックスがあることで5ルックス以下に照度を暗くすることができるので、許可を出すわけには行かないのです。
スライダックスの調節をもっとも暗い状態にしてもまだ5ルックスの明るさが確保できるのであれば、かろうじて問題なしとみなされますが、5ルックス以下にできる調光設備を設置しているだけで違法状態なのだという事を覚えておいて下さい。
さらに、客室部分の面積の要件があります。
洋風の間取りで客室が1室だけならば面積の規制はありませんが、2室以上になってしまうと、1室ごとの面積が16.5平米以上の面積を確保しなければなりません。しかも、L時型になっていて全体を見渡せないような形状の客室は一室とみなされない可能性があります。
小さな客室空間は、やはり性的なサービスの提供に利用されやすいという配慮からこのような規制があるのだと思います。ですので、単に面積が足りているだけでなく、曲がり角や陰になる部分がある場合も注意が必要です。
これらの条件を満たせるような店でなければならないので、工事を実施する際には充分ご検討ください。地域によって取扱が異なる事が多いので慎重に対応してください。