Q&A, 風俗営業(接待等飲食店営業), 風俗営業許可を取得する方法

キャバクラを開業したいのですが、どのような手続が必要ですか?

A、キャバクラと言いますと、従業員が客に接待する飲食店ということになりますね。
この場合は食品衛生法の飲食店の許可と風俗営業の許可が必要です。

飲食店の許可では食品衛生責任者を必ず1名置かなければなりませんが、食品衛生責任者になるためには、調理師などの資格を持っているか、食品衛生講習を受ける必要があります。

食品衛生講習は全国で定期的に開催されていますが、時期によっては予約で一杯になっていることがあって、受けたいときにすぐに受けられるわけではないので、管轄の保健行政庁又は各地の食品衛生協会等に問い合わせるなどして、早めに準備してください。

キャバクラは接待営業ですので1号営業と呼ばれる社交飲食店の風俗営業許可を取らなければなりません。

風俗営業許可申請の際には、飲食店の許可証の写しを提出するよう求められますので、先に飲食店許可の手配が必要です。
もし飲食店許可交付までにどうしても風俗営業許可申請をしたい場合には、所轄警察署の担当官と相談してみてください。

飲食店許可申請の際に申請が受理されたことの証明書等を提出すれば、先に受理だけしてくれる場合もあります。

食品衛生法にもとづく飲食店営業の許可審査に置いては、店内の衛生設備が基準を見てしているかどうかを実地検査されます。

飲食店営業の許可手続(保健所)は申請してから1~3週間程度で許可が交付されますが、地域によっていろいろです。

風俗営業の許可については以下をご覧ください。

風俗営業許可取得(社交飲食店の場合)までの流れ