二次的著作物の利用

二次的著作物

小説を映画化したり、外国語の童話を日本語に翻訳したり、漫画をゲーム化したり、楽曲を編曲したりして作られた作品も、著作物として扱われますから、その著作権が保護されます。

ある著作物を翻訳、編曲、変形、脚色、映画化などしてできた新たな著作物を二次的著作物といいます。

他人の著作物を翻訳したり、編曲したりといった、いわゆる「二次的な創作」を行う場合には、翻訳・翻案権者等(第27条の権利を持つ人)、つまり原作者からの許諾が必要です。

二次的著作物には、原作の著作者と、二次的創作の著作者がそれぞれ存在することになります。

つまり、二次的著作物について、第三者が利用の許諾を受けようとするときは、原作者と二次的著作者の双方から許諾を受けなければならない場合があります。

もし原作の著作権が消滅していれば、原作の著作権者から利用の許諾を受ける必要はないことになります。

(翻訳権、翻案権等)
第二十七条 著作者は、その著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案する権利を専有する。

(二次的著作物の利用に関する原著作者の権利)
第二十八条 二次的著作物の原著作物の著作者は、当該二次的著作物の利用に関し、この款に規定する権利で当該二次的著作物の著作者が有するものと同一の種類の権利を専有する。