童話続編 その10 もしも、有名人の顔や姿を使うときは ~ パブリシティー権

もしも、有名人の顔や姿を使うときは ~ パブリシティー権

ある日のこと。

 ダルマロは描き終えたばかりの絵を見せて、ランジェロにたずねました。

「ほら、この絵、誰だと思う?」

「まあ、なんてかわいらしい。これは歌手のソフィアさんが歌っている絵ですね。」


(ダルマロさんは、そっくりそのままの絵を描くのだけは得意なんだよなあ)
とランジェロは心の中でつぶやきました。


「今やソフィアちゃんは国中で大人気だからね。王様だってファンらしいぞ。これもダルマロさまがレコードを売ってあげたおかげだな。」

と、得意になっています。

「ねえ、ダルマロさん。もしかすると、また勝手に絵を売ってもうけようとしているんじゃないですか?」

「もちろんだとも、ランジェロ君! この絵を印刷したらたくさん売れるだろうなあ。」

 やれやれ、またお金もうけの話です。
ランジェロが心配そうに何か言おうとすると、ダルマロはそれをさえぎって言いました。

「ソフィアちゃんの肖像権があるんだと言いたいんだろう。でもね、肖像権はプライバシーを守るための権利だよ。ソフィアちゃんはいつも大勢の前で歌を歌っているんだから、その肖像を利用したってプライバシーには関係ないと思うね。」

 と、今日のランジェロはめずらしく先手をとられてしまいました。童話の挿絵 自分の絵を自慢するダルマロ

 

 

 

 

 

 

「そ、それもそうですねえ。たしかにソフィアさんのプライバシーには関係ないような・・・。」

「そうだろう。つまり私はこの絵を好きなだけ売って大もうけができるということじゃないか。すばらしい!」

 しかしランジェロは納得がゆかない様子です。

「うーん、何かひっかかるなあ。だって、その絵が売れるのは、ソフィアさんがかわいらしくて、歌が上手で、国中で人気があるからでしょう? それなのに、どうしてダルマロさんが大もうけすることになるんだろう。それってずるいと思うなあ。」

「なんだい、またそんなことを言って・・・。この絵を売るためにがんばるのはぼくだけなんだからいいのさ。」

とダルマロが言うと、

「いやいやちがうでしょう。ソフィアさんはもともと内気でおとなしい女の子ですよ。彼女のレコードが売れてから有名になってしまったけど、きっといろいろなことをがまんしたり、努力したりしてきたはずです。そのおかげでダルマロさんだけが得するのはおかしいですよ。」

「う・・・、それもそうかな・・・・。たしかに、プライバシーが無い生活というのはいろいろ大変だろうなあ。」

するとランジェロは自信を持って言いました。

「やっぱりそうですよ。他人が勝手にソフィアさんの顔や姿を利用してもうけるなんて、おかしいですよ。それに、きっとダルマロさんだけじゃなくて、大勢の人がソフィアさんの顔や姿を勝手に利用してもうけるようになりますよ。」童話の挿絵 家の中で立つダルマロとランジェロ

 

 

 

 

 

「あっ、そうか。そうしたら、ぼくはもうからないじゃないか!ランジェロ、どうしたらいいの?」

「だったらソフィアさんから許しをもらって利用するようにしたらいいじゃないですか。もちろん、お金のもうけの中からソフィアさんにじゅうぶん支払ってあげないとね。」

「じゃあ、ほかの人が勝手に利用しだしたらどうするんだい。ぼくだけが損することになるよ。」

「ダルマロさんがソフィアさんに代わって、彼女の権利を守ってあげたらどうです。」

「そうか、なるほどね・・・。」

 ダルマロが本当に意味をわかってくれたのかどうか、ランジェロはちょっと心配でした。

おわり

童話の続編 ある日のランジェロとダルマロ(短編集)のもくじ>へ

 


パブリシティー権とは

20-A 「パブリシティー」とはどういう意味でしょうか?英語なんですね。

20-B あなたが有名人だったとして、自分の姿や顔が勝手に広められたらどう思いますか。今の自分はどうでもよいとしても、将来はどう感じるでしょうか。いろいろな人の意見を聞いてみましょう。


◎ヒント

☆肖像権とパブリシティー権