絵は誰のもの? その7

お金より大切なもの

しかしランジェロは、それでも自分の絵をわたせませんでした。

なぜなら、ファイエット先生の絵がまねされて、ダルマロの作品として売られていることが許せなかったのです。
そして王様に、

 

「作品を作者の名前で売ること」

「作品に手をくわえないこと」

「作者の意志で作品を世に出すこと」

 

を、法律で守らせてくれるようにお願いしました。
王様はランジェロの気持ちがよくわかったので、そのように法律をつけくわえました。

 そしてダルマロは、これまでにしはらうべきだったお金をランジェロへはらうよう王様から命令されました。

するともう、払うお金がすっかりなくなってしまったので、ダルマロの店はつぶれてしまいました。

 

絵は誰のもの? その8 自分らしい表現を>へ


お金より大事なもの

7-A 他人の絵とそっくりの絵を作って、その絵に自分の名前を書いて人に見せる事をどう思いますか。 

7-B 他人が描いた絵の表現を少し変えたいとき


◎ヒント

☆著作者人格権