パブリックドメイン関連コンテンツ

著作権が消滅又は一定の条件で使用できる作品が含まれているサイトへのリンク

https://pixabay.com/ 写真、イラスト、映像などの共有サイト

 http://www.aozora.gr.jp/ パブリックドメインとなった文学作品等多数

http://publicdomainq.net/ パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集

パブリックドメイン美術館 – BestWeb-Link

GATAG|フリー絵画・版画素材集

フリー絵画 – GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集

https://www.metmuseum.org/art/collection メトロポリタン美術館 PD作品あり

https://archive.asia.si.edu/ スミソニアン博物館 PD作品あり

https://digitalcollections.nypl.org/ ニューヨーク公共図書館 PD作品あり

無料 絵本・童話 iPadで読み聞かせできる絵本・童話

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD : ハートレコード

 

 

 

コンプライアンスとは

コンプライアンスとは「ルールを守ること」。「法令遵守」とも言われますね。

ルールを守らないなんて、人として許されませんね。ルールを守らない人は悪い人ですね。確かに、そうではありましょう。

それでは。あなたは、この世の全ての法律やルールを守っていますか?

自分はすべての法律やルールを守っているし、これからも守り続ける。

と宣言できますか?

私がこれまで見てきた風景では、人は、法律やルールを知れば知るほど、責任が重くなればなるほど、「ルールを守れない自分」に直面します。

では、「ルールを守らないあなた」は悪い人でしょうか?

さらには、ルールさえ守っていれば、あとはどうでもいいのでしょうか?

社会において、ルールは守られなければならないもの、とても大切なものです。

しかし、ルールの奴隷になってしまっている人を見て、嫌な気分になったりしませんか。

人はルールを守るために生きているのではなく、ルールが人のためにあるのです。

ルールは人が人のために作ったものですから、私たちが法律やルールを心地よく使おうとしなければ、ルールは有害なものにもなりえます。

かつて、そういう間違いによって大きな戦争を経験したこともあります。

ならば、コンプライアンスはどうあるべきか。

その疑問をもって、1999年、この「COZYLAW.COM」を作りました。

ルールをどう守るか」は「どう生きるか」と同じです。

著作権のひろば」も、ルールを覚えるのではなく、自分で考え、意見や疑問を持ち、ときに議論することが大切だと考えて、「童話で考える著作権」を設置することにしました。

一方で私は、風営法という法律にも取り組んでいます。

著作権法が「日の当たる法律」ならば、風営法は「日の当たらない法律」とも言えます。

この両極端な位置にある法律を見ていると、この社会のコンプライアンスは「きれいごとのコンプライアンス」になっているように見えます。

形ばかりの、実態のない、ただ批判や対立から逃れようとするだけのコンプライアンスは、もう行き詰まっています。

ですので、私は

「コンプライアンス」=「ルールを守ること」

とは考えていません。

私たち一人ひとり、会社ごとに、それぞれのコンプライアンスがあって、それがどうあるべきかは、法律の条文やマニュアルやルールブックをいくらのぞき込んでも見つからないものだと考えています。

あなたはルールをどのように守りますか? 

答えはあなた自身にあります。

それを真剣に考えることが本当のコンプライアンスだと思います。

おわり

 


「真のコンプライアンスセミナー」

管理人はこのような考えのもと、「真のコンプライアンス」というセミナーを行っています。

複雑化するこの社会では、「ルールを覚えて守ればいい」という単純な発想は、通用しないばかりか、ときに危険でもあります。

法令遵守を叫ぶ前に、現実に存在する様々なリスク、経営方針(生き方)など、考えるべき大事なことがいろいろあります。

自分がルールをどのように守ってゆきたいかを考えていただくことがセミナーの主旨です。

きっと刺激的で面白く、そして終わったときには気分がモヤモヤしているでしょうが、継続して行うことで効果が発揮されます。

もしコンプライアンス研修をご検討されるなら、ぜひ一度、お問合せください。

 

相模原市南区相模大野8-2-6 第一島ビル4F

総合法務のぞみ合同事務所/のぞみ総研
http://thefirm.jp/index.html

℡042-701-3010 コンプライアンス担当 日野

管理者からひとこと

◇こんにちわ。

 「著作権のひろば」を制作管理している者です。どうしてもひとつ、「著作権のひろば」をご覧になっている皆さまと、特に教育に関係しておられる皆さんに、お伝えしたいことがあります。

 このホームページでは、著作権等に関してさまざまなご意見やご相談をいただきますが、その中でも多いのは「法的に正しいか」という内容です。そこで私が「ご自分ではどう思いますか?」と聞いても答えが返ってこないことが多いのです。「だって、法律は知らないから・・・・」

それはそうかもしれませんが、すべてを法や法律に従って判断する必要はないのです。

「法律的にOKだから他人がイヤな思いをしてもやる。」

「何も迷惑なことはないが法律的に文句を言えるから言う。」

こういうことが、日常の身近なところで起きているとしたら悲しいことです。 もし法律がこの世に無かったときのことを想像してみてください。自分たちで判断するしかありませんね。日本に法制度が導入されてから、また150年も経っていません。それ以前の世の中でも人は暮らしていたのです。

◇法律で紛争を解決できるのか?

 著作権法は、著作者(著作権者)の利害と利用者の利害とが衝突したときのために、あらかじめ一定の線を引いたのですが、両者の間のどこが最も適切な線なのかは判断しにくい場合が多いです。とりあえず一直線を引いてみたものの、実情に合わないときには柔軟な法解釈が必要なのですが、その解釈が市民の側から出てこず、企業や業界から彼等の都合にのみ有利な解釈が出てくるということでは困ります。
企業間の著作権問題であれば、経済的利益がからんでいるし代理人もつきますから、金額の調整で折り合いがつきやすいのですが、経済的利益に関わらない場合、たとえば市民同士の身近な著作権紛争などは裁判での決着になりにくく、また金銭での解決も難しいものです。
そういった場合に、法律や判例、一部業界が述べた法解釈などを調べて自分の有利を誇ろうとする人が多いのですが、そういう方にこそ、以下の文章を読んでいただきたいと思います。なぜなら、身近な問題について安易に法や法律に頼ることは、紛争の解決法として相応しくないことがあるからです。

◇「法律的に正しい」とは?

 ある著作物の利用行為について、「やってもいいですか?」と聞かれても、それが「他人とトラブルになるかどうか?」という意味なのか、「犯罪なのか?」という意味なのか、「実際に刑罰を受けるか?」という意味なのか、「民事裁判で勝てる?」という意味なのか、「モラルとしてやってもいい?」という意味なのか、またはほかの意味なのか、さっぱりわからないことが多いのです。それを本人に聞いても、その意味さえわからない。それはそれで仕方がないことですが、「ウダウタ言うな。専門家なら答えられるはずだ。さあ、やっていいのか悪いのか答えろ。」という態度の方が予想外に多いことに驚いています。
どうも一般的な意識として、「この世には白黒はっきりした線引きがあるはずで、それに従っていれば悪いことはないし、お上に守ってもらえる。だからそれを他人に聞いて安心したい。」という考えがあります。そういう気分で「著作権のひろば」を閲覧する方にはとっては、この「ひろば」は実に使い勝手が悪いかもしれません。

◇「著作権のひろば」の管理者は常識と思いやりで考えている

 身近な著作権問題の質問に答える際の私は一体どのようにして考えているかと言いますと、常識と、権利者・利用者双方の立場に対する思いやりをもとにしています。そして自分なりの答えを出してから法律や判例がどうなっているかを調べています。
これは現実を考えると当り前のことでして、どれほど法律理論がしっかりしていても、社会常識に合わない結論は現実には主張しにくいものですし、相手側が納得しにくいでしょうから紛争の解決につながりにくいのです。
逆に考えれば、相手が納得さえすれば、法律的な筋道が通らなくてもトラブルは収まります。法律がヤメロと言っているからといって、トラブルの相手が法律と同じことを主張したいとは限らないのであって、実は本当に主張したい部分が全く関係のない別の部分にあったりします。
たとえば、「本音はAという主張を通したいのだが、Aという主張は法律的にとおりにくいので、本来は主張する気のなかったBという主張をして、相手に圧力をかけよう。」ということは、現実には結構あります。法律が決めた線引きが、トラブルの当事者にとって最も納得の行く線引きであるとは限らないのです。
法律は権力を活用し社会秩序を保つという公共の目的があって作られたものですから、個人間の問題において最初から法律をアテにしてしまうとおかしな結論になってしまうことがあります。
つまり、真にトラブルを解決するための糸口はひとつではないということです。 「法的な回答さえあればそれでよい」ということではないのです。法律的な回答をもとに、自分が正しいとか、相手が間違っているなどと決め付けて安心するのは愚かなことだと思います。

こう言うと困惑する人が多いでしょうが、そういう人は、法や法律に従っていないと落ち着かない人ですね。しかし、この世の中の本来の姿は、法も法律もあまりあてにならないものです。自分の主張が絶対に正しいと考えるのではなく、心のどこかで「相手にも言い分があるかもしれないが・・・」という懸念を持ちつつ対処することは、トラブルの解決において無意味なことではないと思います。必ず相手があることですから、相手の様子やトラブルの性質を考えて柔軟に対応することをおすすめします。

「管理者からひとこと」 おわり

「著作権のひろば」コンテンツの利用につきまして

「著作権のひろば」管理者より

こんにちわ。「著作権のひろば」をご覧いただき、誠にありがとうございます。

さて、実は「著作権のひろば」のコンテンツの利用や引用についてのお問い合わせをいただくことがありますが、コンテンツの取り扱いについては、次の点をご理解いただけるとありがたいです。

①コンテンツの制作者

「著作権のひろば」内のコンテンツは管理者が制作したものが多く含まれていますが、第三者の著作物が一部に含まれているかもしれません。

なお、「童話で考える著作権」シリーズの部分については、文章もイラストも当サイトオリジナルのものですので、非営利であればご自由にお使いください。

 

②議論に勝つために引用しないでください <(_ _)>

もし著作権等に関して第三者と議論になった場合に、自己の正当性を高めるために当サイト上のコンテンツ、主張等を当サイトのものとして利用、引用、複製等することはご遠慮ください。

もしご自分が正しいと思うのであれば、ご自分の意見として主張し利用していただけば充分でしょうし、他人の権威や名声等(当サイトにそうしたものはないはずですが)を利用して自己の正当性を高めることは、決して妥当な解決方法ではないと思います。

そのような理由で引用等をされることを管理者は望んでいません。よって、自己の正当性を補強するなどの目的での引用等については、一切お断りさせていただいております。(単なる事実、法律条文等はもちろんこの限りではありません。但し内容の正確さには責任を負いかねます)

 

③自分の責任、自分の表現で

もし第三者に対し自己の正当性を主張したいときに、たまたま当サイトの意見を読んで共感されたときには、きっとご自分なりの解釈や論理がひらめいて、それが正しいと感じたということでしょうから、それをご自分の言葉で、ご自分の責任で表現してください。

当サイトの意見として「表現」を利用することはご遠慮ください。なお、主義や学説、アイデア、事実等は、それ自体のみでは著作物ではないと考えられますので、それらと同一内容の主張をすることは、著作権法上も何ら問題はないはずです。

また、ある主張をする目的で、どうしても当サイト上の文章等と似たような表現になってしまうのであれば、そのような表現には著作権法の保護にあたいするような創作性がないということになり、仮にそのような表現とそっくりな表現を作ったとして、そのままご自分の表現として利用しても著作権侵害にはあたりません。

 

④他人の情報を鵜呑みにするのは危険です

当サイトの情報は、その全てが現時点において正確であること及び常識的であることを一切保証しません。このサイトは管理者個人の活動として判断し運営管理しております。

もし重大な利害得失に関する問題において当サイトの情報を参考にする際には、あくまで参考情報としてお使いいただき、重要な判断については、十分な知識を持った人に対して直接会って相談することをおすすめします。

 

⑤以上は「おねがい」です。

上記の記述は、長所も短所もある当サイトが、有効に社会に役立つよう慎重にご利用いただきたいと思い、管理者から皆様におねがいしているものです。

以上は著作権法等にもとづいた請求ではなく、あくまでおねがいにすぎませんが、よくよくご理解いただきたく、重ねてお願い申し上げます。 <(_ _)>

 

⑥このほか、営利目的、その他の目的の利用に関しましては、E-MAILにてお寄せください。

 

☆学業にはげんでいる学生のみなさまへ

学業にはげんでいる学生の皆さんに対し、特別にご注意いただきたいことがあります。

「著作権のひろば」内の著作物を卒業論文や学校の宿題等に複製(一部改変したものの転載を含む)することを一切禁止しております。

もし、どうしても複製や転載をされたいのであれば、著作権法をよく勉強して権利侵害とならないようご使用ください。

著作権について勘違いしたまま、不当に複製や転載をする事例が目に余るので、このような処置を取らせていただきました。

当サイトは著作権の基礎について一般の方に短時間でご理解していただくように配慮してつくったものです。

決して学術目的の使用に耐えるような内容ではありませんので、学生の皆様には、ぜひ、より難易度の高い著作権分野に挑戦していただきたいと思います。(2004.7.7)

 

著作権侵害を指摘する前に

最近は著作権ルールについてきちんと守ろうとする一般市民の動きがあって、それは大変喜ばしいことではありますが、ときに行き過ぎがあってトラブルに発展することがあるようです。
特にインターネットにおいては、他人の文章や画像が無断で使用されるケースがよくありまして、それを発見した人がホームページ運営者に指摘し、これを改善させるということがありますが、ひとつ注意していただきたいことがあるのです。

例えば。

人があることを自由に表現したときに、その表現が結果として第三者の表現と偶然そっくりになってしまうことがあります。しかし、それを第三者が見たときに、いかにも真似して表現しているように見えてしまうことがあるものです。
たまたま結果的に第三者の表現と似てしまったからといって、後から表現した人の表現の自由が制限されるということはおかしなことです。特に民主主義の社会では、このようなことが起きることは、特に敏感に注意しなければならないことです。民主主義社会においては市民の不断の努力によって法や社会のあり方を監視され、議論されることがどうしても必要であって、インターネットはそのための道具の一つとして重要な意味を持っていると考えられるからです。
つまり、著作権は経済的利益を確保させるための財産権ですが、表現の自由は財産権の保護とのバランスを考えて慎重に扱われるべき自由であるということです。

「表現の自由」と言いますと、まるでヘアヌード写真集や芸能週刊誌の味方をしているように感じる方がおられるかも知れませんが、今この瞬間でさえ、私がこの文章を書くにあたって、「世間から盗作だと勘違いされないように注意しなければ」と思った時点で、すでに私の立場はかなり不安定であるし、市民の自由な社会批評は、結果としてある程度制限されるおそれがあるのです。
それに、自分の主張を展開するために他人の表現を引用したり情報を転載することもあります。引用の範囲については非常にあいまいで、特に表現の自由を認めるためには、ある程度寛容な解釈で判断する必要があります。なぜなら第三者が「あの人の引用の目的は不当だ」と思っても、真実はその引用をする本人の心の内にあるからです。さらに言わせていただくと、すべての表現は必ず誰かから習ったものです。すべてを完全に独創的に表現する人間はこの世にいないはずですし、真似をしないで生きている人もいないはずです。また、情報の転載についても、事実に関する情報ではどうしても同じ内容や表現になってしまいます。
どういうマネがよくないマネなのか、というところで、一つ一つ考えてみてから行動に出ていただきたいです。 著作権法の理論を杓子定規にあてはめてしまうと、かなり広い範囲で表現の自由が無用に制限されてしまうおそれがあります。 どのように表現しているかという視点は重要ですが、何のための表現かということも念頭において考えるべき場合があります。全く他人から文句を言われないような文章しか作れないということにはなってほしくありません。
こういったことは法律だけでなく、人の生き方の問題でもあります。 人が人を疑う理由は無数にあるでしょうが、「疑われる方が悪い」とか「疑われそうだから表現ができない」、という状況がインターネットの世界で起こりうるとしたら、これは非常に悲しいことだと思います。

もちろん、不当な利用行為やタダ乗り行為は防止されるべきです。もしそれを指摘するときには、「もしかしたら自分は勘違いしているかもしれない」という可能性を含みながら、指摘するべきであると思います。いや、これは警鐘でもあります。

誰かの権利を守るということは、別の誰かの自由を制限する結果にもなるわけですから、難しい判断が必要になる場合があります。経済的利害が関係しない日常的な著作権トラブルにおいては、あまりに杓子定規な法律論や法律解釈は実情にそぐわない場合が多いです。むしろ、思いやりや礼節をわきまえたケースバイケースの対応が必要でしょう。もし自分の主張が間違っていたとしても、取り返しのつかない結果にならないような工夫をして、忠告や指摘をしていただきたいと思いますし、私自身も日頃から慎重に対応しなければと思います。
特に、公開の場での誹謗中傷が特定の個人や立場を傷つけないように配慮していただきたいと思います。著作権マナーの問題は、マナーの中の一つにすぎません。広い視野で、人として目指すべきマナーを考え、そのうえで著作権のことも考えていただければと思います。

 

著作権のひろば管理人 平成15年10月